CHILDREN

農園・こども食堂

600坪の畑で四季の野菜を栽培し、地域の農家さんのお野菜と合わせてげんき村1Fで販売しています。

また月に2回は、学童保育と連携した子ども食堂を実施。夕食を子ども達で食べ宿題も済ませれば、お迎えに来るママ・パパ達もニコニコに!

\ こども食堂 /

平成28年7月、築50年の平屋で板張りの借家を「ちょっとよってこ」と名付け「こども食堂」を始めました。最初は一人か二人、多くて5人のこども達の集まりでした。細々と続けていたところ、平成29年3月に地域のボランティアさんの生越さんご夫妻と、友人の吉井さん、小沼さんが加わり、買い物から食事作り、クリスマスの企画等を考えてくださり、大勢のこども達が参加するようになりました。

現在月2回の夕食時は、外の通りまでお好み焼きやビビンバ、カレーなどなどの美味しそうな香りとこども達の笑い声が響き渡っています。地元の新鮮野菜たっぷりの夕食を、みんなと一緒に食べる機会を通して、一人一人が自分の力でどう生きていくかを考え、自分の力でそれぞれの生きていく道を決められるように、これからも私達は支援していきます。

\ 茅ヶ崎こども広場(農園)/

大きな木からブランコが下り、走り回れる広っぱに囲まれた赤羽根のこども広場の畑は、みんながワクワクする場所です♪地域の方がトラクターで耕して下さり、こども達はひょっこり出てきたじゃがいもに歓声を上げ、かわいいテントウ虫に大喜びしていました。

吹き抜ける風の中、時代を超えて交流するげんき村農園はまさに天国です!